石垣島でスローヨガ、時々パン*そしてコーヒー


by yogaemon

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

お問い合わせ
ヨガレッスンスケジュール
レッスンのおしらせ
SMILEセミナー
ELM勇気づけ講座
ヨガ的なこと
アドラー心理学ライフリセット術
アドラー流子育て方
日々のつぶやき
天然酵母パン
自家焙煎コーヒー

以前の記事

2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
more...

外部リンク

最新の記事

ありえない
at 2019-05-22 18:09
休日をコントロールする
at 2019-05-19 17:45
何を中心に据える?
at 2019-05-12 19:57
那覇空港新店レポ
at 2019-05-06 16:23
平成最後の・・
at 2019-04-29 11:46

記事ランキング

画像一覧

2018年 06月 26日 ( 1 )

あんなところも垂れ下がる

今朝新聞のテレビ欄をみてましたら、

頻尿は膀胱が垂れ下がることで起こる可能性がある・・

なんて書いてありました。

「年取ると、顔も体も内臓も!全部ぜ~んぶダルンダルンなんだね、ワハハ」

みたいな話題になって、・・

それを聞いてた息子が飲んでたお茶を噴き出して、

そこら中水浸しいう惨事。

朝からてんやわんやになった「内臓の垂れ」について考えてました。


特に女性は骨盤底筋が緩んで、頻尿、尿漏れの他、

おなかぽっこりや子宮脱なんてことになりやすいって言います。

外見の下垂は日々確認できるけれど、

考えてみたら、見えない部分だって衰えていくんですよね。

見えてないのだから、なかったことにしたいのだけど、

そうは問屋が卸さない。

頭のてっぺんから、

手足の指先まで、

どこもかしこもだら~んと下垂の一途。

THE 厳しき現実。

b0323230_14464854.jpg

内臓の下垂も不調も、筋肉や靭帯が弱ってしまい、

本来あるべき位置からずれてしまうことでおこってきます。

重力にされられるのは自然の摂理です。

しか~し、

アンチエイジングとは抗老化、

すなわち抗うことなのです

骨盤底筋をせっせと鍛えて、出来る限り抗っていきましょう。

レッスンでよく行う、「橋のポーズ」

b0323230_15203798.jpg

腰痛やヒップアップにも効果的なポーズですが、

会陰部あたりをきゅっと収縮させると、骨盤底筋も引き締められます。

また、ヨガではムーラバンダといって、

体内のエネルギーが外へ逃げていかないように、

骨盤底筋群を締める方法もあります。

尿道、会陰あたりを締めるというのは、わかりやすくいうと、

尿意を我慢するような感じ。

b0323230_15225394.jpg

下半身が力なく緩みっぱなしだと、

ヨガ的にはエネルギーがダダ漏れ、

医学的には内臓下垂。いいことなし。

体の根本ですから、

ほどよい引き締めと緊張感は大事ですね。

今日から毎日少しづつ、

涼しい顔して、きゅっと締めていきましょう。





by yogaemon | 2018-06-26 15:36 | ヨガ的なこと | Comments(0)