石垣島でスローヨガ、時々パン*そしてコーヒー


by yogaemon

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

お問い合わせ
ヨガレッスンスケジュール
レッスンのおしらせ
SMILEセミナー
ELM勇気づけ講座
ヨガ的なこと
アドラー心理学ライフリセット術
アドラー流子育て方
日々のつぶやき
天然酵母パン
自家焙煎コーヒー

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...

外部リンク

最新の記事

自分をおびき寄せる
at 2018-12-16 18:10
飲み会続きでも太らないために
at 2018-12-15 21:15
「災い」な一年
at 2018-12-13 20:56
昭和の思い出
at 2018-12-11 14:10
年末年始のお知らせ
at 2018-12-09 15:29

記事ランキング

画像一覧

料理というプチ地獄

料理のレパートリーは生存年数に合わせて増えてくるもの。

な~んて思ってましたが、

年々スーパーで空の買い物かごを下げたまま、

「今日は何を作ればいいの?」と途方にくれる時間が長くなってきました( ´艸`)

果ては、「なぜ一日何回も腹減るんだ.-------!」

と体の生理現象にまでケチつけだします。


そんなお悩みを抱えた心を打ちぬいた本のご紹介。

「もう、レシピ本はいらない」稲垣えみ子著。

アフロヘアーが魅力的なフリーランサー。

ご本人も、お話しも、エッセイもとても面白いんですよ。

b0323230_14044594.jpg
「今日のご飯何にしよう」という無間地獄。

なぜ毎日違うご飯を食べなきゃいけないのか・・・、

和洋中華、エスニック、一体どれを選べばいいのか・・

スーパーにあふれかえる食材、テレビのグルメや料理番組、はたまたクックパッドの膨大な情報。

ていねいな暮らしに、手作り=豊かさの象徴。

様々な情報や価値観が、かえって命を支える基本的な「食」を複雑にしてしまったのかも。

そんな迷える子羊たちに、そっと射す一筋の光のような本です。

とにかく文章が面白く、笑う笑う。

それでいて哲学書のような深さ、鋭さに、

自分の生き方を思わず見直したくなるんです。

ただのレシピ本かと思いきや、

生の根幹にふれるような啓発本であったりもするんです。


料理好きな方には、「ちょっと何これ?」かもしれませんが、

私のような料理を「一生続くプチ地獄」に感じる人は、

「ちょっとすごくないこれ?」です。

著者は家電をもたない生活をしていて、独身。

うちは家族もいるし、無理。

といいたいけれど、

できるとこからまねればいいじゃない?


プチ地獄から自由の扉へ。

自由を取り戻すために、料理しよう!!

と、料理苦手な人が逆に料理したくなり、

生きる希望まで湧いてくるおすすめ本です。


にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 石垣(市)・石垣島情報へ
にほんブログ村

by yogaemon | 2018-08-30 15:21 | 日々のつぶやき | Comments(0)