石垣島でスローヨガ、時々パン*そしてコーヒー


by yogaemon

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

ホームページ
お問い合わせ
ヨガレッスンスケジュール
レッスンのおしらせ
SMILEセミナー
ELM勇気づけ講座
ヨガ的なこと
アドラー心理学ライフリセット術
アドラー流子育て方
日々のつぶやき
天然酵母パン
自家焙煎コーヒー

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月

外部リンク

最新の記事

リニューアルしてました
at 2017-09-22 16:06
今週の日曜日は・・
at 2017-09-19 16:47
カッチカチになる前に
at 2017-09-18 17:42
まったりできる白保のカフェ
at 2017-09-17 16:50
そして再びの・・・
at 2017-09-15 14:08

記事ランキング

画像一覧

<   2015年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧

遅ればせながらワクワク初体験♪

うるずんの風物詩といえば・・・?

「もずく!!」

この時期になると、必ず話題に上る「もずくとり」の話。

なんと私は、一度もとりに行ったことがないのでした。

人からもらったり、話しを聞いているだけ満足して、

実はいまだに未経験。

これでは石垣市民の風上にもおけないわ。

と、いうことで・・

昨日は暑からず、寒からず絶好のもずく日和だったので、

いざ!もずく採取へ。

定番の名蔵湾。

湾のおくまで行かないとダメなのかと思ったら、

砂浜から見えるところ、

そこかしこに、もずくが・・

b0323230_14383602.jpg


足首15cmの水位の所にごっそりで、びっくり。

こんな風にサンゴにくっついて生えるのですね。

うれしくってその場でむしゃむしゃ実食。

とぅるんとぅるんで新鮮♪買ったものとは全然違う。

勢いあまって海草らしきものは全部試食。

口の中砂だらけでジャリジャリ。

いいか、たまには(笑)

b0323230_14392167.jpg


あっという間に、こんなにたくさん。あさりも取れました。

b0323230_14400165.jpg


こんなに簡単にとれるなら・・・毎年通ったのに。

私のバカ。

さて、もずくで満足したその足で、

お昼はひさしぶりに美味しいお豆腐料理の店、

「花南」さんへ。

畑の真ん中にぽつーんとある根強い人気店。

豆腐ハンバーグ定食♪

ヘルシーでおいしくドリンクバー付きで¥800。

b0323230_14403344.jpg


ゆっくりくつろげるお店なので、ついつい長居。

海も畑も風景も、石垣の自然を大満喫。

誰もいない海でもずく取り放題なんて、

石垣って、ほんとに素敵なところ、何度でも惚れ直す。

みなさんも是非、もずく行ってみてくださいね。


新年度はあれこれ忙しくなりそうなので、

ちょっと楽しい息抜きでした。




にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 石垣(市)・石垣島情報へ
にほんブログ村


by yogaemon | 2015-03-31 06:26 | 日々のつぶやき | Comments(0)

羽生回路をまねてみる

ヤフーニュースで、

羽生さんの記事を読みました。

マイナス要素を前向きに捉える強さ。

怪我やアクシデントに対して、他者や環境への被害者意識を持たず、

自己責任として次につなげようとする精神力の強さが、

「羽生回路」なんだそうです。


日常の些細なことでも、うまくいかないことは、

何かのせいにしたくなるし、

悪かったところを純粋に反省して、

次につなげるって実はかな~り難しい。


反省よりも、まず落ち込んでしまいがち。

情況や自分を責めて、後悔や自己嫌悪に陥りがち。

そこを、過去にばかり焦点をあわせず、

これからどうしたらいいか?

をクールに考えられるって、ある種の才能だと思います。

実際、終わってしまったことは終わったのだから、

自分や他者を責めても仕方ありません。

せめることで、未来が良くなるか?といえば、

気分が更に悪くなるだけ。


反省すべきことは反省する。

後悔や自己嫌悪はしても意味がないのでやめておく。

もともとその潔い回路をもつ人もいれば、

ない人もいると思います。

ないものは育てればいいのです。

性格って考え方のクセっていいかすから、

羽生回路をまねして、前向きに考えるクセをつける。

なんども繰り返せば道ができる。

恨み節回路をできるだけせま~くして、

羽生回路を広げていく。

そうすれば・・・

内面も外側も羽生選手のように、小股の切れ上がった

いい女になれるかもしれません。^^

b0323230_21430157.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 石垣(市)・石垣島情報へ
にほんブログ村


by yogaemon | 2015-03-30 06:59 | ヨガ的なこと | Comments(0)

さぁ!股間を目覚めさせましょう

あらやだ、股間って・・

股間のことですよ!

来月から新しいポーズにはいりますが、

暖かくなると体も開いてくるので、

股間節を緩めるポーズを多く取り入れていきます。

股間節周りの硬さに悩む方も多くいらっしゃいますが、

動かさないと、更に固まってしまいます。

しかし、柔軟性はヨガを実践をした結果であって、

大切なのは、

今ここで肉体や呼吸に集中するというプロセス。

その時を楽しめれば、それでOKです♪


夜のレッスンはヨガブロックやストラップを使いながら、

一日の疲れを癒します。

ひとポーズひとポーズに時間をかけながら、

じっくり体を開かせ、緊張をとっていきます。

ゆっくりじんわり体を味わいたい方にはおすすめです。

キャンドルのやさしい光のなかで、

おもいっきりゆるんでくださいね。


そして火曜日の瞑想クラスは、

心を重点的に緩めていきます。

忙しい日々に流され、見失ってしまいがちな自分自身を

取り戻すように、リラックスしていきます。


体はこの人生に与えられたたった一つの乗り物。

取替えがききません。

ちょっと面倒だな、と思うときもあるけれど

毎日頑張ってくれてる体にありがとう・・・

の気持ちをこめて、

メンテするのをどうぞお忘れなく♪


b0323230_15554172.jpg






にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 石垣(市)・石垣島情報へ
にほんブログ村


by yogaemon | 2015-03-29 06:51 | ヨガ的なこと | Comments(0)

ねじ伏せない庭づくり

昨日までのドンヨリが今日は一転!

暫くまた良い天気になりそうでワクワク♪

たくさん咲き続けていたビオラに、とうとう寿命がきた様子。

b0323230_11362990.jpg



長い間目を楽しませてくれてありがとうの気持ちをこめつつ、

新たに今度は白系のニューフェイスに植え替えました。

b0323230_11371141.jpg


放置していた多肉も人知れず、グングン成長。

b0323230_11382764.jpg


庭には手のかからない植物たちが生き生きしている。

そう、手がかからない。

庭造りも、自分の性格に合わせないととんでもないことになる。

見た目だけで、選んで今までどんだけ枯らしたことか。

…(;´Д`)ウウッ

理想と現実ってものです。

理想と現実のギャップが大きければ、

大きいほどショックもでかい。


自分のライフスタイルや自然条件に合わせて、欲張らず、

できる範囲で育てていくと、意外と草花もいい感じになってきました。

何が何でも自分の好みにするぞ!と思うとうまくいかないけれど、

環境や植物の特性を生かしながら、草花の力に委ねると

勝手に素敵に成長してくれる。

私の貧相な発想を超える、自然なアレンジ。

土壌や気候にあわない草花を、

「おい!そこでしっかり育て」と無理やり土にねじ込んでも、

合わないものは、どうしようもない。

「委ねる」

どんな場面でもこの力がないと、自分も苦しく、相手も苦しい。

大事な人もねじ伏せて、よんのじがためにしないよう、

気をつけなさいよ・・

とビオラに言われたような気がしました。(;´∀`)



にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 石垣(市)・石垣島情報へ
にほんブログ村


by yogaemon | 2015-03-28 12:00 | 日々のつぶやき | Comments(0)

持ちこしにご注意下さい

人生は一日の積み重ねにしか過ぎないって言います。

「人生単位」でものを考えると・・

果てしなさ過ぎてめまいがします。

スケールの大きなものって、

うまく脳が処理しきれないそうですよ。

小さくいきましょ。小さく。


朝起きて、「今日一日どうすごそうか?」と考える。

「一日をどう素敵にアレンジできるかな」?

「一回でも自分をよろこばそう。」

「一つでもいいことしてみよう。」

「最後の一口はやめておこう(笑)」


一日単位だったらなんとか考えられる。

実行に移しやすい。

そして、夜寝る前にどうだったか、点検してみる。

できた事は「よくやったね」と自分をほめ、

出来なかったら、それはそれで諦める。

一日決算主義。

感情を翌日へと持ち越さない。

どんなに壮大に見える人生も、結局は一日の集まりなんだから、

一日がよければ、それで万々歳です。


さて、午前中はすべき仕事をさくさくまとめてできました。

午後は・・

ヽ(; ゚д゚)ノ ビクッ!!

昨日から持ち越している洗濯物たたみます。

一日で決算できなかったものは、

倍の負債となって自分を苦しめる・・・

みなさまもご注意下さい。ε≡≡ヘ( ゚Д゚)ノ




にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 石垣(市)・石垣島情報へ
にほんブログ村


by yogaemon | 2015-03-27 13:56 | アドラー心理学ライフリセット術 | Comments(2)

時代に求められる理由

昨日はいい加減な生き方についてご紹介しましたが、

アドラー心理学とも共通します。

急に注目を集めて、一躍知名度を上げた心理学。

今まではアドラー自身が日本では無名だったことや、

日本社会の特徴的な要素をバッサリ否定するところも

ウケなかった理由かもしれません。


たとえば・・

みんなに認められ、村八分にされない為の必死な気配り。

「空気を読め!」「みんな一緒であれ」「出る杭は打たれる」

・・みたいな同調圧力。


それに対してアドラーのスタンスは、


空気は読むな!

人の期待を満たす為に生きてんじゃないから、

自分は自分と割り切らないと、人生の主人公になれませんよー。

他者に認められんでよろしい。


たとえば・・

男は会社のため、社会の為に滅私奉公するが良し。

それが男の美学、それが日本男児。という伝統的な考え。


アドラーは、

仕事が忙しいから家庭を顧みれないなんて、言い訳だね。

仕事を口実に、責任回避したいだけでしょ。

子育ても趣味も、仕事と同じくらい大事なんだから、バランスよくやりなさい。


・・と、ケンカを売るようで、旧日本社会にはウケなそう。(笑)


時代は変化してきた。

人びとの価値観もかわって、共感する人が増えたんでしょうね。

アドラーが求められられる理由も学んでいくと、

よくわかります。

実践してみると、とても楽になるのだから。


そして、アドラーの素敵だなと思うところは、

自立した生き方を貫きつつ、でもそれは孤立ではない。

大きな全体性での中で、自分の立ち位置を確立して、

他者貢献することも忘れないのです。


なんというか・・

ブラックジャック的?(笑)

私も沖縄の小さな村社会で育ってきたので、

田舎の暖かさやよさもわかっているけれど・・

ブラックジャック的な感覚も適度に持っていたいと思う。

( ̄ー+ ̄)キラーン


宮良近辺で小太りなブラックジャックを見かけても、

危険ですからエサを与えないで下さい。^^





にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 石垣(市)・石垣島情報へ
にほんブログ村


by yogaemon | 2015-03-27 06:45 | アドラー心理学ライフリセット術 | Comments(0)

いい加減な生き方7か条

先日の新聞に、

精神疾患が国民病といわれるくらい激増している・・

という記事をよみました。

その患者数は、320万人を超えたそうです。

なんとがん患者の2倍以上で、

糖尿病の患者数よりも多いそうです。

ストレス社会全開ですね。

うつ病、不安障害、パニック障害などの心の病は

もはやありふれた病気。


予防策としておすすめなのは、「いい加減さ」って言われます。

心の健康を保つ為によい7か条というのを

見つけました。

***

【「いい加減な生き方」7カ条 】

①失業や離婚を、自分が精神的に自立するチャンスと考える。

②他人に対して、適度には無関心になる。

③他人から認められるための努力は、できるだけしない。

自分のためだと納得したら、人から認められなくても努力する。

④「王様にも乞食(こじき)にもなれる」くらいの柔軟さを身につける
(「勝ち組」か「負け組」か気にしない)。

⑤孤独な時は自分を見つめよう(酒で孤独を紛らわさない)。

⑥人を愛しすぎない、人からも愛され過ぎない。

⑦分裂思考(複眼思考)をする。

***

簡単に言うと「いい人はやめなさい」ですね。

適度に個人主義で、人とひっつきすぎず、

柔軟かつ、淡々と生きることが

ポイントかもしれません。


いい加減に見える生き方は、

大きな視点で見ると、国に貢献しているし、

自分自身も生き易くなるのだから、

最初はちょっと心苦しくても・・

涼しい顔で堂々としていましょう。


人は自分に正直に生きてる間は元気だっていいます。

こんなにも多くの人が自分を押し殺して、

生きざるを得ないのかと思うと、なんだか悲しい。

本音で生きれるような社会にしてくれよ!と思うけれど、

環境に期待してもしょうがないので、

ここは覚悟を決めて!

ツラの皮厚く生きる勇気をもってみましょう。


少しづつね・・^^



b0323230_21273792.gif



にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 石垣(市)・石垣島情報へ
にほんブログ村


by yogaemon | 2015-03-26 07:36 | ヨガ的なこと | Comments(4)

うぬぼれてんじゃないわよ!

うぬぼれって、高慢な人ってイメージ。

仏教でいうと・・

実は自己否定や自信のなさも

「卑下慢」という慢心のひとつなんですね。

うぬぼれてないわよ、とうぬぼれる。

「私はダメだから」を言い訳にして前へ進もうとしない。

自分はこんな人間!と決め付ける我の強さ。

それがいけないのよ、と仏教では説きます。


心理学を勉強していた時も、

自己評価の低さや、人見知りする事を、

「幼児性が抜けきれていない」と、バッサリきってました。

Σ(゚Д゚;)ギクッ

それが幼児性だなんて、思ってもみなかったけど、

たしかに自分を正しく評価する目がなかったり、

いい年をして「はずかし~」ってコソコソするのは、

大人になりきれない子供みたいだ。

まぁ、私はどちらかというと、

そんな老けた子供なんですけどね。てへっ♪

b0323230_17134195.jpg


自信のなさや羞恥心を、

でしゃばらない謙虚さ・・

なんて都合よく解釈して、ごまかすこともある。


自信はないけれど、ダメもとでやってみようとか、

人目は気になるけど、どうみるかは他人の勝手だからと、

スパッと行動できるのが、実は大人なんだ。

大人についていろんな「定義」はあれど、

「決め付けをせず、人目に左右されない」のも、

成熟した大人の基準なんだと思いました。


「ああ・・・自信ないわ~」っと内心ぶつぶつ言い出したら、

自分に「うぬぼれてんじゃないわよ!!」と

時々喝を飛ばしている。


老けた子供からはいいかげん卒業したいものです。^^




にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 石垣(市)・石垣島情報へ
にほんブログ村


by yogaemon | 2015-03-25 06:40 | アドラー心理学ライフリセット術 | Comments(2)

経験こそ最大の教師

インドア派の暗い私とは対照的に、

息子は意外にもワイルドに育ちつつあります。

目の前がすぐ海という恵まれた自然条件も手伝って、

小さい頃から子供は海好き。

好きはいいけれど、ウニをふんずけて負傷したり、

いろんな物体にされたり、かまれたり・・

岩場ですっころんだり、生傷の耐えない日々でした。

「なのに~、なぜ~、歯をくいしばり~♪君はゆくのかぁ~、そんなにしてまで~」

で陰で歌いつつ、好きならしょうがないと、息子を海へ放流し放題。

海の生き物の事をきかれても「さあ。。」

としか答えない無知な母を

頼りなく思ったのか、危険生物を自分で調べて自衛し、

生き物に関してはえらい博学になりました。


釣りが趣味になってからは、魚をつってきてくれたり、

夏場は素もぐり漁なんかにもはまっている。

さすがに素もぐりが好きは小学生は・・

ワイルドだろう?(笑)

そんなたくましく、生き生きした姿をみると・・

けがしても、好きにさせてよかったなあと思うのです。

アドラーは、子育ての最善の方法を「経験から学ぶ」といいますが、

ホントだなあ・・て納得。

「経験こそ最大の教師」。

命に危険がなければ、ある程度目をつぶって経験から学ばせよ・・と。


そして、ワイルドな息子は昨日タコを捕獲。

毎年、春先はタコとりを楽しみにしています。

バター焼きにして美味しく食べたものの・・

なぜか昨日は見事にあたってしまい、腹痛で悶絶。

学びには終わりがないってことだな(;^ω^)


きっと息子のことだから、またいろいろ自衛しながら、

海に出て行くのだろう。

「その情熱を少しでも勉強に傾けてくれないか?」と

懇願してみたんだけど、

「それは出来ない」と男前に断られる。(TдT)


「勉強しない・・」

という経験からお母さんはいっぱい学んだけど、

息子よ、おまえもか・・

やっぱりおやこだな・・


合掌 Ω\ζ°)チーン



b0323230_12463112.jpg




にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 石垣(市)・石垣島情報へ
にほんブログ村


by yogaemon | 2015-03-24 12:53 | アドラー流子育て方 | Comments(0)

幸不幸をあきらめる

先週の暑さから一転、また少し肌寒い。

三寒四温というように、

季節は一気には暖かくならないものですね。

三日間くらい寒い日が続き,次の四日間くらい温かい日になり,

それが繰り返されて春になる。

今ちょうどそんな時期かもしれません。


まさに人の人生もそんな感じかなあ・・

幸せが続いたと思ったら、そうでない冬のような時期もやってくる。

季節も含め、万物はすべて移ろうことが自然なのに、

なぜか人間だけは、

「自分だけはず~~~っと変わらず幸せであるように」

って願ってしまう。

占いでも「大殺界」だとか、悪い時期が強調されていて、

それを見るとなんだか、「ひえ~っ」背筋が寒くなります。

「ずっと幸せであるべき」だとか

「悪いことはあってはならない」という前提が

きっと心のどこかにあるんでしょうね。

冬よ!絶対来るな!と大自然にケンカうってるようなもんです(笑)

人生も、いいときもあれば悪いときもある。

それが自然と受け入れていれば、

たとえ不運なことがあっても、

まあ、そんな時期なんだと諦めもつくんじゃないでしょうか。

自然を感じていると・・・

自分の不自然さにきづかされます。



b0323230_13114235.jpg




にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 石垣(市)・石垣島情報へ
にほんブログ村


by yogaemon | 2015-03-23 13:15 | ヨガ的なこと | Comments(0)