石垣島でスローヨガ、時々パン*そしてコーヒー


by yogaemon

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

ホームページ
お問い合わせ
ヨガレッスンスケジュール
レッスンのおしらせ
SMILEセミナー
ELM勇気づけ講座
ヨガ的なこと
アドラー心理学ライフリセット術
アドラー流子育て方
日々のつぶやき
天然酵母パン
自家焙煎コーヒー

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月

外部リンク

最新の記事

10年ぶりの・・
at 2017-10-23 15:18
なんでそうなるの?
at 2017-10-22 21:09
こんな麻薬はいかがですか?
at 2017-10-15 14:41
役に立たないおすすめ本
at 2017-10-12 17:31
すぐに死んでしまう恐怖
at 2017-10-08 17:59

記事ランキング

画像一覧

<   2014年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧

人に嫌われる21の特徴


b0323230_09082819.jpg

ゴ、ゴクリ・・・

思わず自分を振り返って青ざめたり、

ある人を思い浮かべて苦笑いしてしまうリスト発見。


******



人に嫌われる人21の特徴

1、極度の負けず嫌い
  何を犠牲にしても、どんな状況でも、まったく重要でない場合でも、
  勝ちたいと思う気持ち

2、何かひとこと価値をつけくわえようとする
  どんなことにでも、ちょっと口出ししたいという強い欲望

3、善し悪しの判断をくだす
  他人を評価して、自分の基準を他人に押し付けようとする気持ち

4、人を傷つける破壊的コメントをする
  不要な皮肉や痛烈なコメントをする。そうすれば自分が切れ者で、
  機知のある人に見えると思う。

5、「いや」「しかし」「でも」で文章を始める
  これらの否定的・限定的な言葉を使いすぎる。ひそかに
  「私は正しいんだ。あなたは間違っている」
  と言っているようなものだ。

6、自分がいかに賢いかを話す
  他人が考える以上に私は賢いんだと見せたい欲望

7、腹を立てている時に話す
  感情的な興奮を人を動かすツールとして利用する

8、否定、もしくは、「うまくいくわけないよ。その理由はね」と言う。
  頼まれもしないのに、否定的な考え方を他人に吹き込もうとする

9、情報を教えない
  優位な立場を保つために、情報を他人と共有しようとしない。

10、きちんと他人を認めない
  称賛し、褒め称えることができない。

11、他人の手柄を横取りする
  成功に対する自分の貢献度を過大評価する。一番イヤな手口。

12、言い訳をする
  不愉快な行動を、変えることのできない生まれつきのものとして片付け、
  他人がしかたないと思うようにする。

13、過去にしがみつく
  自分の責任を過去の出来事や人のせいにする。

14、えこひいきする
  誰かを不公平に扱っていることに気づかない。

15、すまなかったという気持ちを表さない
  自分の行動に責任をとらない。間違いを認めない。
  自分の行動が他人にどう影響したかを認めることができない。

16、人の話を聞かない
  職場の人に対して敬意を払わない。

17、感謝の気持ちを表さない
  非常に悪いマナー

18、八つ当たりする
  たんに手助けしようとする罪のない人を
  攻撃したいという誤った欲望

19、責任回避する
  自分以外のみんなを責める

20、「私はこうなんだ」と言い過ぎる
  自分の欠点をまるで長所のようにほめそやす。
  それが自分なんだと主張する。

21、変な目標に執着する
  目先の目標に執着するあまり、さらに大きな目的・自分の幸福を
  犠牲にしてしまう。


*****


どうでしたか?

21番の変な目標に執着する・・は笑いました。

面白い視点ですが、納得です。


こんな言動をとってしまう根本原因は、

「人に認められたい」・・という衝動だそうです。

なるほどー。

アドラー心理学では、承認欲求を否定します。

他からの承認に執着するというのは、

自分が苦しいだけでなく、

人にもやさしくないんだなと改めて実感。


自分を苦しめる観念から解放されるということは、

周囲の人にもダイレクトに影響するのだから、

こりゃ、まずいと思ったら・・

自分のためにも、人のためにも、

変われる勇気。










by yogaemon | 2014-11-07 07:33 | アドラー心理学ライフリセット術 | Comments(0)

愛情という名の憂さ晴らし

「愛情という名のうさばらし」

ってきいてドキっとしました。

自分が出来なかったこと、

叶えられなかった夢を子供に託すっていえば、

きこえはいいけれど、

実は愛情という名のうさばらしなのかもしれません。

もし自分に劣等コンプレックスがある場合、

子どもで晴らそうとしている・・

ってことはないですか?

親がおしつける行為や価値感を子供が拒否した場合、

「ああ、あなたはそう思うのね。」

とあっさり引き下がれたらいいけれど、

威圧的に無理強いする、理詰めで説得する。

「あなたの事を思って・・」と泣き落とす。


子供が自分の思い通りになってくれることで、

コンプレックスを埋めようとする行為。

関心の矛先は子供のようでいて、実は自分に向いているのです。

私を喜ばせてちょうだい、私をがっかりさせないで・・

私を、私を、私をーーーー!!

実は子供のことはこれっぽちも考えていない。

そんな自分本位の

考えが潜んでいることにきづいて、

それを認める勇気をもつと、

親子関係も劇的に変わるでしょう。

本当に子を思うなら、

子の想いをそのままで受け止めてあげよう。

たとえ自分の思いや願いが拒否されても、

子の思いや考えに同感できなくても、

それはそれでいいのです。

相手の意見はそのままで尊重してみる。


子育て中、

実は憂さ晴らしていることに気付かないことが

多々あります。

本気で「子供のためなんだ!」

と鼻息あらく勘違いしていることがほんとによくあるんです。

双方にとって不幸のはじまり。

私も常習犯で、身に覚えがありありなので、

我が台頭してきたら、注意して自分をみています。


よくよく考えてみると、

家庭不和にしてまで、信頼関係をくずしてまで

主張する自分の意見ってほんとにそんなに大事?

家庭って、信頼関係を学ぶ場であるはずなのに・・


子供の思いをくんであける寛容さ。

その子らしく生きていけるよう支えていく関係性。

これが子供のためになると思います。

自分の傲慢さを、何かにつけ思い知らされる日々ですが、

完璧な人間なんていないし、

完全じゃないから、人間をやっているんですよね。

もし完璧になれたのなら・・・

それは神様なので、

お空の向こうに飛んでけー!!、地球卒業です(笑


不完全さを楽しみながら、人間業がんばっていきましょう。


b0323230_08163842.jpg


by yogaemon | 2014-11-06 08:25 | アドラー流子育て方 | Comments(0)

空腹のすすめ

b0323230_14163825.jpg


空腹のときには、血液中に糖、脂肪、タンパク、ビタミンなどの栄養が
不足しているので、それを食べる白血球も空腹であるから、
外からばい菌やアレルゲンが入ってきても、
体内でガン細胞が発生しても、よく食べる。


*****

空腹ってつらいものですが・・

一秒たりとも空腹を放置したくない私ですが、

体にはいいんですよね。

「はらへった~」とヘロヘロになっている間に

白血球がガン細胞たべてると思うと、

我慢が報われませんか?

朝、昼、晩、おやつまでしっかり食べていると、胃腸は昼夜休まず

働かざるをえませんが、1食でも抜くと、

消化のお仕事なくなりますから、

その分傷ついたり、弱っている場所の修復に回ったりして、

免疫力もUPするそうです。

病気のときは無理して食べるより、抜く方がいいと

いわれるのは、白血球が細菌闘争に集中できるから。


****

『癌』という字。〈品物の山〉の品は口みっつ。つまり食べすぎ。
飽食、強欲、あれもこれもと抱え込んで来た結果が癌という病。
そこへまた、サプリだ、治療法だ、健康法だと、もっともっとと抱え込む。
ちょっと待って。一旦全部おろしませんか、人生の不要な荷物を。
まずは引き算。足すのはそれから。



そうですね、まずは足すことよりも引くこと。

何でも手に入る豊穣の時代に、あえて我慢する。

あえて空腹にあえいでみる。

人間なんてマゾなんですから、

慣れてしまえば、

そっちのほうが気持ちよくなるもんです。


特に夕食抜いた後に迎える朝食は格別です。

今朝のおめざは新作のヨガパン。

いちじく、レーズン、アーモンド、くるみが

贅沢に入ったうまい棒。

おいしくって口がみっつになりそう(笑

b0323230_07271517.jpg


無制限に与えられるとありがたみがないですが、

微妙な制限は食事の喜びを倍増させ、

食への感謝の念も生まれます。

体のデトックスもあわせて一石三丁。

これからは引き算の時代ですよ~。(・∀・)







by yogaemon | 2014-11-05 07:30 | 日々のつぶやき | Comments(0)

自分時間

まぁ、アラフィフともなればですね.

食べようが食べまいが、

生きているだけで贅肉がついてきます。

ボディケアをやったからって、

若いときのように即効で成果もでず、

打っても響かず、

なんだか、ぼんやりとした心身状態となります。

ああ・・・何をやっても変わらないなぁ・・と

思うと、「いいじゃ、ないの~」

と細貝さんのような気持ちになって、

自分を放任したくなります。


でも肉体の自然の流れにまで、

成果主義を求めてどうするんでしょうね。

その時々の体の変化に抵抗せず、

無理のないセルフケアを忘れずにいるだけで

十分、十分。


夜眠くなると、風呂上りの

つっぱった肌放置でそのままバタンと寝たくなるけど、

クリームをささっと塗ったり、

ちょっといいお茶を飲んだり。

小さな行為ひとつひとつが、

自尊心を高めていく気がします。

特に忙しいおかあさんには、こんな時間必要。


体に意識を向けてあげると、

細胞が喜んで活性化するといいます。

誰かに関心や注目を向けてあげると、

その人が生き生きするのと同じ。

自分の体に注目してあげる、心の声を聴いてあげる。

何よりのごほうび♪

まず、自分が満たされていて、

人を満たす余裕ができる。



ホワイトティーのいい香りがする

お気に入りのハンドクリームぬりぬり。

Hさんからいただいたバリ島のリップパームぬりぬり。

ココナツオイルぬりぬり。

自前の油不足で、ぬってばかり(笑)

寝る前どんな気分でいるかって大切。

一日のしめくくりは、どうぞよい気分で。



b0323230_10144801.jpg




by yogaemon | 2014-11-04 08:11 | 日々のつぶやき | Comments(0)

大局をみる

危険がなければ、子どもを信じて任せる。
これが子どもの自発性を喚起し、
自分で考えて「自己責任」の下で行動するようになる。
責任を他に転嫁するような子どもに育ててはいけない。

*****

子供を危険な目にあわせたくない、

失敗させたくない、傷つけたくないあまり、

手出し、口出し、肩代わり。

親が先回りして問題回避すること多々あります。

だけど・・

失敗は、学びのチャンス、チャレンジの証。

学ぶ機会を奪ってばかりだと、

打たれ弱い子になることだってある。

危険がなければ、

失敗すると予測できてもあえて声かけせず、

自然の結末を体験させることも必要。

経験っていうのは、親以上に子供を教育するもの。

行動の責任を自分で負うこと、

再び失敗しないよう対策考えること。

親が守ってばかりでは、こんな貴重な経験ができなくなる。


親が小言を言うたびに、

「~~~になったらどうするの!」と脅すたびに、

子供の心に「失敗は悪」だと刷り込まれていく。

大人になっても、失敗がこわくて前に踏み出せなり、

失敗する自分を許せなくなる。

失敗は悪じゃない

b0323230_14145257.jpg



成長のために必要なピリ辛エッセンス。

心苦しいけれど、あれこれ言いたいけれど、

グッと言葉を呑んで、信頼してまかせてみる。


アドラーの教育学は、目先のことでなく、

大局をみます。

いろんな失敗もあるだろう、人に迷惑かけるかもしれない。

でも、きっとこの子は困難を乗り越えていける、

と人間性そのものを信じていく。


小さなことに目くじらを立て、

目先のことに右往左往するのは、

出来事しか見ていないから。

その子をどこかで不安に思っているから。


私のように近視的な子育てをする者には

ハっときづかされます。

そうなんだ。

信頼って、見守るって、

とても勇気がいることなんだ。

だけれども、

子供のことも、そして周りの人のことも、

大きな視点と信頼をもって接していける自分でありたい。














by yogaemon | 2014-11-03 07:21 | アドラー流子育て方 | Comments(0)

今日のヨガパン

今日のヨガパンはシナモンレーズンパンでした。

完売ありがとうございます。

天然酵母で国産小麦を使ってますので、

しっかりとした重たさがあります。

シナモンパンと暖かい飲み物が私の冬の風物詩ですが、

今日の石垣の天気では、

まだアイスコーヒーですね。

そして11月だというのに、台風が発生。

南の島の冬はもう少し先かしら。

三連休、よい休日をお過ごし下さい♪


b0323230_12220466.jpg












by yogaemon | 2014-11-02 12:30 | 天然酵母パン | Comments(0)

いいわけ大王

人間って複雑。

行動しなきゃって思うのに、なぜか体が動かない。

やめなきゃって思うのに、わかっちゃいるけどやめられない。

思考と行動が矛盾して、振り回される事ってよくある。

あ~~~、一体私はどうしたいの?

アドラーでは、矛盾する自分というのはない・・といいます。

わかっちゃいるけど、やめられない・・

の本心はやめたくない。

体に悪いとわかってても食べ過ぎる・・

の本音は食べたい。

それをすっぱり認めてしまえばいいのに、

なんらかの言い訳をポーズにして

煙に巻いて本音を直視したくない。

自分が好きでそれを選んでるって思いたくない。


あれこれいいながら、

人の行動には本音が出てたりします。

会いたい♪といって会いに来ないは会う気がないから。

今度誘うね♪といって誘わないのは誘う気がないから。

自分の本心が分からない時も、行動に注目してみる。

たとえば仕事辞めたい・・

のに辞めてないのは辞めたくないというのが本音。

だったら、言い訳せず、泣き言言わず、

辞めない自分を許してあげると楽。

辞めたくないから辞めてない。

矛盾なく、すっきり答えが出ています。


かくいう私もかなりのいいわけ大王。

ホルモンバランスの関係で過食してしまう・・という。

「あ~仕方ない、私のせいじゃない。ホルモンのせいだ」

と堂々たる責任転嫁。

そうすると、気持ちが楽(;^ω^)

自分のせいじゃないって気分いい♪(笑)

自分の体は自分のものだから、

結局自分のせいじゃないか!とつっこみたくなるけど、

体のせいだと言い張る。(笑

こんな時だけ精神と肉体をきっちり分離する。


食欲にまける自分、問題や課題を避ける自分、

どうしょうもない自分。

そんな自分を絶対認めたくないから、言い訳がましくなる。

自分を複雑化させているのは、自分であって、

本音を素直に認めてあげれば、

自己矛盾に苦しまずに、済むのにね。


言い訳始めたら、本音が言えるよう、

自分自身をやさしく誘導尋問してみましょう♪

少しづつ自分に正直なる練習。






b0323230_12102265.gif







by yogaemon | 2014-11-01 08:54 | アドラー心理学ライフリセット術 | Comments(0)