石垣島でスローヨガ、時々パン*そしてコーヒー


by yogaemon

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

ホームページ
お問い合わせ
ヨガレッスンスケジュール
レッスンのおしらせ
SMILEセミナー
ELM勇気づけ講座
ヨガ的なこと
アドラー心理学ライフリセット術
アドラー流子育て方
日々のつぶやき
天然酵母パン
自家焙煎コーヒー

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月

外部リンク

最新の記事

リニューアルしてました
at 2017-09-22 16:06
今週の日曜日は・・
at 2017-09-19 16:47
カッチカチになる前に
at 2017-09-18 17:42
まったりできる白保のカフェ
at 2017-09-17 16:50
そして再びの・・・
at 2017-09-15 14:08

記事ランキング

画像一覧

<   2014年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

卒業おめでとう

私の教室に通う生徒さんの中から、

ヨガの伝道師が二名誕生しました。

石垣にはインストラクター養成機関がないため、

約一年かけてせっせと飛行機にのって

ヨーガニケタン沖縄支部まで通いました。

そして、先週無事卒業♪

おめでとうございます。

昨日は我が家でささやかな祝賀会開催。

b0323230_18531592.jpg


受講期間はヨーガの勉強や実技習得のほかに、

自分を見つめる作業があります。

これがねぇ・・

大変なんです。

人は、往々にして「自身のことは見たくない」ものですが、

忘れたい過去や弱点や、蓋をしておきたいとこに、

向き合う宿題が何度も出されます。

私にとってはこれがとてもよい経験でした。

影のようについてくるこの自分自身と

うまくつきあえなければ、

なにをしようが、どこに行こうが

結局は苦しいままですから。


同じ講座を受けても、そこから何を学ぶかは

きっと人それぞれ。

お二人もそれぞれによい学びがあったよう。

話しを聞いていて、とても励まされています。

学びあえる仲間が増えるって素敵。

Kさんには、テーブルを飾る素敵な手作りのお花と飾りを

いただき、ほんとに感謝です。

b0323230_18535058.jpg


b0323230_18542046.jpg



以前もお伝えしましたが、

沖縄本島でしか受けられなかった、

インストラクター養成講座が

来年石垣でも開催されることになりました。

しかも短期集中。

チャーンス!

興味のある方はおたずね下さい。















by yogaemon | 2014-10-31 06:10 | 日々のつぶやき | Comments(0)

くるくるとの再会

20年前に愛用していたクリスマスグッズがありました。

ロウソクを灯すと、

飾りが上昇気流でくるくると回りだすんです。

一人暮らしの寂しい一間で、

クリスマスの時期になると、電気を消して

そのくるくるを目が回るまで見つめたものです。

その後も似たようなものを使ってみたけど、

形がいまいちだったり、全然まわってくれなかったり。

私はあのくるくるの影を追ってました。

物にはあまり執着心がなく、

さっさと捨てて、とっとと忘れる方ですが、

時々、脳の片隅に残っている物も。


先日偶然、思い出のあのくるくるをネットで見つけました。

        涙の再会 つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

スェーデン製の古いもので、ほどよくボロっちい感じ。

まさにあのくるくると同じものでした。

ロウソクを灯すと、勢い良く回りだし、

チリンチリンとベルを鳴らします。

また会えるなんて・・

一度手放しても、別れても、

再会できるものにはできるんですね。

くるくると涙の抱擁。

しかし、こういう飾り物の名称はなんというんでしょうか?

「くるくる」といわれてもなんのこっちゃですよね。

これです♪






b0323230_09180220.jpg



そして、こんなノスタルジックな箱入り。

b0323230_09185423.jpg


あ、箱に英語で「エンジェルチャイム」と書いてあります。

そういわれても、こんなグッズ見たことない人には、

やっぱりなんのこっちゃですね。

クリスマスの時期か、キャンドルヨガのときにでも

使ってみます。

愛らしく回るくるくるを是非ご覧下さい。




by yogaemon | 2014-10-30 09:33 | 日々のつぶやき | Comments(0)

嫌われる勇気

アドラー心理学が注目されるきっかけとなった本。

「嫌われる勇気」

b0323230_17153635.jpg


センセーショナルなタイトルに惹かれた人も多いはず。

私もそのひとり。

嫌われる勇気といっても、嫌われることを恐れるな

ではなくて、

「他人に好かれようが嫌われようが、

それは他人が決めることである。

自分自身が選ぶ人生に勇気を持ちなさい。」ということ。


誰もが持つ強烈な欲求。

嫌われたくない。愛されたい。

そりゃ、できれば私も皆に愛されて、

お花畑でお手てつないで一生仲良くしたい。

嫌われるなんて、やだもん。


でも、それは・・・

冷静に考えてみれば、無理な話。

どんなに愛される国民的なアイドルでも

必ずアンチは存在するし、

どんなに八方美人で愛想を振りまいても、

必ず誰かに嫌われています。

ほんのちょっとした物言いや、

しぐさや、態度にムッとして

簡単に誰かを嫌ってしまうことってある。

自分がそうなんだから、他人も同じ。

思いもよらない理不尽な理由で

あっさりとこちらを嫌います。

自分ではどうしょうもない理由があるとこもミソ。

あなたのシーサー顔が嫌・・とか(笑)

逆に、どんな嫌な奴でも、その人をいい

と思ってくれる人も不思議といるのです。


好かれる、嫌われる。


もう、こればっかりは自分の課題ではなくて、

相手が決めることなんです。

好かれよう、嫌われまいとするのは、

相手の課題に首をつっこんでいること。

そんなひまがあったら、

自分の人生を生きるという課題に

しっかり取り組みなさい!という事です。


アドラー先生、ごもっともです。

そしてアドラーからもう一言、二言・・

みんなに好かれたいと思うのは幻想に、すぎない。

みんなに嫌われていると思うのは、妄想にすぎない。

人はあなたが気にしているほどあなたに関心がない。

アハハーーーー(TдT)

核心を突きすぎて、ぐうの音もでない。

そういうことです。

他人の課題は切り捨てて、

自分の人生を生きる勇気を持ちましょう。

今より、ずっとずっと楽になれますよ♪















by yogaemon | 2014-10-29 07:25 | アドラー心理学ライフリセット術 | Comments(0)

恐怖の再配達

人生の中で、

何度も似たような出来事や、

人や、状況に悩まされることは

ありませんか?

嫌な奴から逃れたら、

また逃げた先で似たような人に

遭遇したり苦しめられたり。

いい加減そのパターンにきづいたら、

その中に「自分が乗り越えるべき課題」があるんだ

と向き合う時期じゃないでしょうか。


繰り返される出来事に直面したとき、

どう反応し、どう行動してますか?

いつも同じ反応パターンの繰り返しで、

逃げる、あるいは攻撃するとか。

それは小さい頃に身につけた防衛反応から来てませんか?


定着した反応や行動、思考パターンを変えない限り、

同じ状況をまた引き寄せる可能性大です。

丁度あなたの荷物を届けにやってくる郵便配達のよう。

拒否しても、居留守を使っても、

受け取るまでは何度でもやってくる・・

恐怖の再配達。(;゚Д゚)!!

「なんで同じことにいつも悩まされるんだろう・・・」と

不思議に思ったら、

今までと違う視点で問題をながめ、対処してみよう。

そうすると、結果も流れも違ってくるかもしれません。


慣れ親しんだ古いパターンを手放すのは、

とても勇気が要るし、怖いことだけど、

受け取り拒否をやめて向きあってみる。

古いパターンから自由になった暁には

もうその問題で悩むことはないかもしれません。


そしたらね・・

また違う課題の郵便物が届くんですよ(笑)

Σ(||゚Д゚)ヒィィィィ

な~んにもお届け物がないよりいいじゃないですか。

え?ないほうがいい?

ですよね~。^^

でも、ゲームをクリアするような感覚で

問題にチャレンジできたら人生飽きないでしょうね♪

厄介そうな郵便物、

実は長い人生を飽きさせない為の

神様からのギフトかもしれません。


b0323230_14530277.jpg









by yogaemon | 2014-10-28 07:29 | ヨガ的なこと | Comments(0)

イメージの力


イメージしてくださいっていわれると

「無理やり空想する」ように思われますが、

普段私たちは無意識に脳内でやってますよね。

終わったことを想起したり、

ないことを妄想したり、未来を予測したり。

イメージで生きてるといっても過言でないくらい、

脳内には常になんらかの映像が流れていると思います。

絶えず流れ続けるものですから、心への影響大です。

いい映像ながれてますか?^^

え!?・・変なのは流さないように(笑)


例えばこわれたDVDのように、

暗い映像がリフレインするとき、

イメージの力で流してしまいましょう。



「頭の中で、流れる川をイメージしてください。
つぎに、川の上に舟を浮かべてください。
そして、舟に「心配ごと」を乗せます。
心配ごとを乗せた舟は、川を静かに流れていきます。
「 さようなら~ 」

( ´Д`)ノ~バイバイ

b0323230_15164830.jpg

どうですか?無事流れていきましたか?

私のは石ころに引っかかりました。

進みの悪い面倒な舟なので、

大きな舟に作り変えました。

再び石にぶつかって船大破。

悩み事が水辺に散乱して、一部こっちに戻ってきたので、

あわててバシャバシャと遠くへ押しやりました。

イメージなんだから、すんなりいってほしい(笑)

思いのほか個性が出ます。

やってみてくださいね。^^

b0323230_15004196.jpg


by yogaemon | 2014-10-27 09:19 | ヨガ的なこと | Comments(0)

世界という遊技場


子供の頃、うちの家庭は共働きで、

両親はとにかく働き通しのイメージで、

親子で遊びを楽しんだ記憶があまりない。

そのせいか、

労働=健全、遊び=不健全

という風紀委員のような考えをするようになりました。

遊びのないブレーキペダルが危険なように、

遊びのない心はガックンガックン

不自然極まりない(笑)


精神世界で言われることですが、

世界は大きな遊園地のようなもの。

各々が好き好きに遊んでOKなわけで、

そこに善悪も優劣もない。

メリーゴーランドに乗ってる人が

ゴーカートに乗ってる人に向かって

「レベル低っ」なんて言わないし、

好みが違うだけでどれも等価値。

仕事に没頭すること、遊ぶこと、

どう生きても何を選んでも、どれも同じである

というはっとするメッセージ。


つい人のライフスタイルや趣味などを

あーだこーだ批評してしまう時。

思い出して、人が自由に生きることにYESと言う。

「そのジェットコースターはダサイから下りなさい」

なんて余計な事を言うのはやめましょう(笑)

そして自分にも、

古い観念やしばりから解放されて

自由に生きることを許していこう。


「地球を遊びつくそう」

をテーマに石垣島を自転車で回る

イベントに旦那さんと子供が参加中。

仕事も遊びも両方大事。

むしろ遊ばないのは不健全。

いっぱい遊んで、

いろんな喜びを味わってくださいな。

心がカックンカックンにならないように、

世界と言う遊技場で、遊び心を育てていこう。


b0323230_13402744.jpg







by yogaemon | 2014-10-26 13:46 | ヨガ的なこと | Comments(0)

衝撃的子育て方

さて、今日からカテゴリ欄に、

「アドラー流子育て方」を追加しました。

私にとって、かなり衝撃的な子育て論で、

目からうろこぽーろでした。

少しづつそのエッセンスもお伝えしますよー。


巷には数えきれないほどの子育て方がありますね。

褒めて育てる、叱ることも大事だ!

あれこれあれこれ・・

どれが正解とは言い切れませんよね。

子供の個性、親の価値観、

自分たちにとってしっくりくる方法でいいと思います。

大事なのは、人の意見や世間の評価でなく、

我が家目線で決めていくこと。

で、私が心奪われたのはこの斬新な子育て方。


アドラー流の子育ては、

叱るのはダメ!

・・・・まあ、わかる気がする。

そして褒めてもだめ!

えぇぇ!!・・・これは抵抗を覚える方が多いのでは。

褒める=善

定番の観念だと思います。

褒めることの弊害。

深いのでゆっくりお伝えしていきます。


で、今日はよくありがちな、

テストの結果や成績にだめ出しすることについて。

ありますよね。

悪い点を叱り飛ばしてしまうこと。

小言を言うこと!

反省させようとすること!!(;^ω^)

ですが・・・・

親が結果にこだわると、

子供の中に辻褄を合わせようとする

ずるい精神構造が生まれるのです。

不正やうそ、隠蔽を引き起こします。


「テストを隠す・・見せない。」

これが起ったときは、

親のテストに対する姿勢に問題があると

見た方がいいかと思います。

どんな成績でも親が大らかに受け入れてくれる、

改善する為の方法を一緒に考えてくれる、

そんなオープンな関係であれば、

隠すことはないかもしれません。


むしろ、ひどい成績でも見せれくれる勇気。

私はそこを評価したいなと(笑)

「あはは、こんな点数よく見せられたね!」

と笑い合える関係性。

自分の恥部を見せられるは、

その人を信頼しているからこそ。


それは子供も大人でもそうですよね。

罰すれば、企業はミスを隠蔽します。

なんでも話せるのは信頼と安心がある証拠。


子供が気ままに発言できる雰囲気かどうか、

家庭の風通しのよさの目安になるかもしれません。

今日から家族が互いに本音を言い合える雰囲気づくり。

がんばりましょう♪


b0323230_09024263.jpg






by yogaemon | 2014-10-25 09:09 | アドラー流子育て方 | Comments(0)

レッテル病

私たちはすべてにレッテルを貼り付けて生きている。

物にも、人にも、現象にも。

あれはいい、これはだめ、

価値判断が苦しみを生むというけれど・・


先日東京のお花やさんをのぞいてみた。

こっちでは雑草なのが

あちらでは売り物扱いになっていて、

値段がつくと、とたんに素敵に見える(笑

物は同じもの。

売りもの、雑草、のレッテルを貼っただけなのにね。


あの人に「嫌い」のレッテルを貼れば、

一挙手一投足が許せなくなり、

「好き♪」のラベルをはれば、

たいがいのことは「まっいいか」でゆるせちゃう。

ラベルの貼り方次第で世界ががらりと変わる。

ほんとは全てが中立でいいも、悪いもなし。

わかっちゃいるけど、ベタッと貼っちゃう。

人間だものね。

でもラベル貼りしてるなってきづいたら、

思い込みの世界から離れる努力しなくちゃね。


空き地に繁茂している雑草。

良く見ると小さな花や、綿毛が可憐でかわいらしい。

家に持ち帰り、飾ってみる。




b0323230_08190856.jpg

かわいい・・

雑草であろうがなかろうが、そのままでかわいい。

わさ~っと生えているのを

「雑草!!うざい」

と切り捨てると見落としてしまう生命の美しさ。

すべては見方ひとつ。





わさ~・・

b0323230_08223722.jpg










by yogaemon | 2014-10-24 08:36 | 日々のつぶやき | Comments(0)

消費の罠

ウインドーショッピングで感じること。

色んな欲を刺激する物・物・物にあふれ、

よくこんなに生み出せるなぁ~と感心することしきり。

「これさえあれば安心グッズ」もすごい数。



あらゆるものを抗菌コートすることのおかしさや、

高価なダイエット食品を買うより、

食べないほうが100倍痩せるというあたりまえの事も、

情報洪水の前にはきづけなくなってくる。

とくに日本人は安心好きな民族だから、

不安を煽ればいちころ。

「今のままではだめです」

このメッセージに無意識に操作されて

消費をやめられないのですね~。


私も不安やストレスが溜まると、

なぜか消費活動に熱がはいります。

わけもなく物を欲しがる時は、

わかりやすいストレスサイン。

そんな時は、何に恐れや不安を感じているか、

内観してみると、つまんない理由が

ひょっこりみつかる。


どっちみち

一瞬の満足感が得られるだけで

何を消費しても手に入れても、

不安の解消にはならないのです。


ヨガは「今のままでだいじょうぶです」

という逆のメッセージ。

マーケットやマスコミの敵(笑)。


いいものは覆い隠され、

不安や消費をあおる世に中だから、

情報に対してちょっと懐疑的な目も必要。

不足感や劣等感を刺激してるな。

罠にはまらないわよ。

ちょっと小賢しい女になってみましょう。


たまには笑いの罠にはまって買ってしまうのも、

まあ、人間らしくていいんですけどね(笑




b0323230_16320411.jpg





















by yogaemon | 2014-10-23 09:19 | 日々のつぶやき | Comments(0)

アートというもの

アドラー心理学によると、

人間の人格形成においては、

親子関係より兄弟関係が影響を与えるそう。

そんな影響力があるらしい兄は長年東京に住んでいる。

アートを生業としていて、

発掘されないまま潜伏期間ウン十年の彫刻家。(笑)

いいもの作るのに、

なんでかねぇ・・

今回は兄のアトリエと個展も見学。

埼玉にあるのどかな芸術の森という場所に

ひっそりと潜伏しておりました。


いまいち覇気不足の兄にも

すこ~し光が当たり始めた様子( ;∀;)

最近めでたく作品が本の装丁に採用されたそう。

そんな貴重な本のタイトルは・・

「処女神」 

(;゚д゚)ゴクリ…

b0323230_11245217.jpg


クマリといって、国王もひれふすというネパールの

少女生き神様について

宗教人類学者が書かれたもので、

けして怪しいものじゃございません。^^


実際ネパールでクマリをみたことがあるけれど、

少女に皆がひれ伏す不思議な光景に驚いたもんです。

ヨガする方にも興味深い内容かも。


そして・・

兄本人の作品集も出されたようです。

b0323230_11254574.jpg


長年人体を彫っているだけあり、見ごたえあり。

¥2000お手ごろ価格。どこで買えるんだろう?


一般人には理解しずらいアートというもの。

実はヨガみたいなもんだと思います。

肉体が健康であっても、

人は精神を満たさない殺伐としてしまう。

イライラ、怒り、恐れや、悲しみ、無力感・・

そんな時のヨガやアート。

心に栄養を与え、

柔らかい気持ちや生きる活力を作ってくれるもの。

ヨガもアートもなくても生活上支障はないけれど、

あると心豊かな人生が送れる。

いいものを見て聞いて体験して

たくさん感動する。

人間だけに与えられた「心」を存分に震わせる。


私も兄も同じような生き方をしている気がする。

遺伝ってこわい。








by yogaemon | 2014-10-22 08:02 | 日々のつぶやき | Comments(0)