石垣島でスローヨガ、時々パン*そしてコーヒー


by yogaemon

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

ホームページ
お問い合わせ
ヨガレッスンスケジュール
レッスンのおしらせ
SMILEセミナー
ELM勇気づけ講座
ヨガ的なこと
アドラー心理学ライフリセット術
アドラー流子育て方
日々のつぶやき
天然酵母パン
自家焙煎コーヒー

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月

外部リンク

最新の記事

10年ぶりの・・
at 2017-10-23 15:18
なんでそうなるの?
at 2017-10-22 21:09
こんな麻薬はいかがですか?
at 2017-10-15 14:41
役に立たないおすすめ本
at 2017-10-12 17:31
すぐに死んでしまう恐怖
at 2017-10-08 17:59

記事ランキング

画像一覧

未完了を完了する

今日はELM講座の日。

いろんなことを先延ばしにしたり、

「。。したい、でも」と言い訳して取り組もうとしない姿勢について語り合いました。

ありますよね、大小さまざまな「先送り」と「言い訳」。

忘れているようでいて、

心の奥底にはしっかり「未完了案件」としてストックされます。

そんな未完了、やり終えるまで消去されず、ずーっと抱えたままの状態。

心がストックで一杯になればなるほど、頭のキレも回転も悪くなり、

何からどう向き合えばいいかわからなくなって、生活も混沌としてしまいます。

パソコンと同じように、要らないデータを消去して軽くしていくには、

未完了をしっかり完了させていきましょう。

壊れて放置していたものは、ササッと直すとか、

ためていた返信メールは今すぐ出すとか、

あ、そういえばやらなきゃ!と思ってることを一つ一つ完了させると、

心が驚くほどスッキリするんですよね。

いつか見ようと、テレビ番組を撮りためたり、雑誌をしこたまとっておいたり、

よくありますね・・・

それも心の奥底に未完了データとして残るので、

不必要なものはさっさと手放すことをお勧めします。

空間だけでなく、心の領域も占拠してると思うと、重苦しいじゃないですか。


そして、未完了な「体験」も、

できることなら完了させるとよいといいますよ。

例えば、片思いのあの人に告白できなかったこと。

後悔とセットで心に刻まれます。

b0323230_14282361.png


ああ。。。彼は今どこでどうしてるのか・・といつまでも思い出す。

もちろん青春の一ページとして楽しみに取っておきたいならいいですけど・・

心苦しく思うなら、いっその事、今の彼を電柱の陰に隠れて見てみるのもありです。

b0323230_14283491.jpg




現在の彼が、昔の幻想をぶち壊し・・



b0323230_14285360.jpg



気になる案件、めでたく強制終了。

ってこともありえます。

みなさんは、どんな未完了をため込んでますか?

私もまあ、そこそこあるんです。

身近なところで、冷蔵庫の中の未完了。

少し中身を残した状態の缶詰が、心の領域を圧迫中。

匂ってみると・・

怪しい。

よし!とっとと捨てて強制終了!!

と、思いきや・・・

「あとでやろう」と、再び冷蔵庫に戻してみる。

だから、それがだめなんだって(笑)


にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 石垣(市)・石垣島情報へ
にほんブログ村
by yogaemon | 2017-03-16 14:56 | ELM勇気づけ講座 | Comments(0)