石垣島でスローヨガ、時々パン*そしてコーヒー


by yogaemon

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

ホームページ
お問い合わせ
ヨガレッスンスケジュール
レッスンのおしらせ
SMILEセミナー
ELM勇気づけ講座
ヨガ的なこと
アドラー心理学ライフリセット術
アドラー流子育て方
日々のつぶやき
天然酵母パン
自家焙煎コーヒー

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月

外部リンク

最新の記事

アートでピース
at 2017-06-23 11:31
朝の庭から
at 2017-06-22 10:17
神様を考える
at 2017-06-20 15:36
キレる本当のワケ
at 2017-06-17 14:31
そうだ!パンケーキを食べよう
at 2017-06-13 13:56

記事ランキング

画像一覧

適当な時に死ぬ義務

奔放な発言でよく物議をかます曽野綾子さん。

また大反発を受けたという発言を目にしました。

******


「高齢者は『適当な時に死ぬ義務』を忘れてしまっていませんか?

『いくらでも生きたい』は傲慢」「権利を『求め倒し』、

医療を『使い倒し』、他人を『頼り倒す』ことは肯定されない。

さらには、ドクターヘリなど高度な医療サービスについても

「法的に利用者の年齢制限を設けたらいい」と。

高齢者が甘え、 それを甘やかすためにお金を使うことは正義じゃない。

****

わお。

でも・・ご本人がすでに80歳過ぎてますし、当事者の立場からこう言い切れるのも

清々しいじゃないですか。

私は曽野綾子の考え方にとても賛同できます。

これは、「不要な老人とっとと死になさい」という意味でなく、

普段の暮らしの中で、「自分でできるだけ解決する」という

人間としての基本姿勢を求めてるんだと思います。



人間だれしも持っている「当然」という考え方。

親だから子につくして当然、

弱者だから守られて当然、

金はらっているから、威張って当然・・

そもそも「当然」なんてものはないけれど、

当然とおもっていると、そうでない場合、

「なんで!」と他人を恨みだします。

いくつになっても精神的に自立している人はあまり文句を言わないように思います。

幸せに生きるためには、「依存心を少なくする」というのがポイントかも。

そんな姿勢が長い目でみて、人も自分も幸せにするんじゃないでしょうか。

高齢者であれ、誰であれ、受けるばかりでなく「与える」という発想があれば

世に中変わってくるのかも。

以下も心に響く曽野さんの文章です。


****


私が人間の心理で大切だと思っているのは、人間は「受けるだけでなく、

与える部分があってこそ満足する」ということです。受けてばかりいる生活をすると、

だんだん不満だけが嵩じてきて、「もっと寄越せ」、「あれもこれもして欲しい」

ということになります。今の教育も政治も、すべて不足なく与えることを

目的としていますけれど、それが果たして人間の幸福に繋がるかどうかは

私にはわかりません。


にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 石垣(市)・石垣島情報へ
にほんブログ村
by yogaemon | 2016-03-16 13:13 | 日々のつぶやき | Comments(0)