石垣島でスローヨガ、時々パン*そしてコーヒー


by yogaemon

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

ホームページ
お問い合わせ
ヨガレッスンスケジュール
レッスンのおしらせ
SMILEセミナー
ELM勇気づけ講座
ヨガ的なこと
アドラー心理学ライフリセット術
アドラー流子育て方
日々のつぶやき
天然酵母パン
自家焙煎コーヒー

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月

外部リンク

最新の記事

10年ぶりの・・
at 2017-10-23 15:18
なんでそうなるの?
at 2017-10-22 21:09
こんな麻薬はいかがですか?
at 2017-10-15 14:41
役に立たないおすすめ本
at 2017-10-12 17:31
すぐに死んでしまう恐怖
at 2017-10-08 17:59

記事ランキング

画像一覧

大局をみる

危険がなければ、子どもを信じて任せる。
これが子どもの自発性を喚起し、
自分で考えて「自己責任」の下で行動するようになる。
責任を他に転嫁するような子どもに育ててはいけない。

*****

子供を危険な目にあわせたくない、

失敗させたくない、傷つけたくないあまり、

手出し、口出し、肩代わり。

親が先回りして問題回避すること多々あります。

だけど・・

失敗は、学びのチャンス、チャレンジの証。

学ぶ機会を奪ってばかりだと、

打たれ弱い子になることだってある。

危険がなければ、

失敗すると予測できてもあえて声かけせず、

自然の結末を体験させることも必要。

経験っていうのは、親以上に子供を教育するもの。

行動の責任を自分で負うこと、

再び失敗しないよう対策考えること。

親が守ってばかりでは、こんな貴重な経験ができなくなる。


親が小言を言うたびに、

「~~~になったらどうするの!」と脅すたびに、

子供の心に「失敗は悪」だと刷り込まれていく。

大人になっても、失敗がこわくて前に踏み出せなり、

失敗する自分を許せなくなる。

失敗は悪じゃない

b0323230_14145257.jpg



成長のために必要なピリ辛エッセンス。

心苦しいけれど、あれこれ言いたいけれど、

グッと言葉を呑んで、信頼してまかせてみる。


アドラーの教育学は、目先のことでなく、

大局をみます。

いろんな失敗もあるだろう、人に迷惑かけるかもしれない。

でも、きっとこの子は困難を乗り越えていける、

と人間性そのものを信じていく。


小さなことに目くじらを立て、

目先のことに右往左往するのは、

出来事しか見ていないから。

その子をどこかで不安に思っているから。


私のように近視的な子育てをする者には

ハっときづかされます。

そうなんだ。

信頼って、見守るって、

とても勇気がいることなんだ。

だけれども、

子供のことも、そして周りの人のことも、

大きな視点と信頼をもって接していける自分でありたい。














by yogaemon | 2014-11-03 07:21 | アドラー流子育て方 | Comments(0)